誌に関するふとした群れについての申し立て

こちらは、リーディング会という姓名ではないけれど、教科書のことを語るような連中に、ちょくちょく参加します。各自、色んなお話があるので、興味があるお話だったら、参加してみようかなという感じです。教科書の手答えを前にでて吐露しハマる、ビブリオバトルというイベントもありますが、それは、不向きだ。頂点を司るというのも、何か馴染めないところがあります。それで、お話ごとに喋るだけのフィールドに参加するようになりました。この前は、お話がネコというフィールドに参加して、映画になった、「マーケットから猫が消えたなら」を読みました。こちらは、犬も猫も飼ったことがあるので、犬派でも猫派でもありません。ファンタジーで、確かに映画にするのに良しだろうな、というストーリーで、面白くよむことができました。その会は、押しなべて月額あるのですが、ネコの次のお話は、ともかくイヌだろう、というため、近頃、イヌのため集まってきたところです。今度は、少し前の直木賞受賞作品、「昭和の犬」という教科書を借りました。近頃、読んでいるところです。楽しいですね。どちらの教科書も、この重要がないと読まなかっただろうと思えるので、そこが、いいところです。フルーツ青汁 ダイエット人気