きのう、仕事中の事柄だ。自転車同士の激突が凄まじかっただ。

 きのうですが業に突如なりました。あなたの団体の契約での一新プロセスを今月にしないと賃金や中味が以前と違うサポートになってしまうので。H事務所の社主とプロセスをしなければなりませんでしたが、H社主は身寄りが亡くなられたりして愛知のやつに終始行ってありプロセスできませんでした。一昨日の夜に帰ってきて「たちまちプロセス目指す。クライアントの団体と更に。週末に来れんか?」とあたしは撥ね付ける事由も無く上司におしゃべりしたら公認が下りました。本当は家事とマッチに行ったりサポートしなければなりませんでしたが、これも家事と赴きるためにと済む聞かせ出社しました。H社主の団体に赴きプロセスをし約1時間ほどで問題なく無事に終了しました。その後はH社主と余談程度をし団体を出ました。H社主は会社で新たに購入した自動車と機器が外側にあるので見せて説明してくれました。昼前とはいえ暑く熱気もありお日様の日光が熱かっただ。機器を見ながら話していると私達の前に20金ぐらいの若々しい男性が黒のBMXの自転車で飛ばして行きました。「激しい早さです!」とH社主は驚いてました。確かにエラい速さでした。そんなに言い終わった後、バーンと酷い音色が聞こえました。あたしとH社主は驚いて音色の方を見ると向かってきた40金のやつのロードバイクとぶつかってお互い土地のアスファルトに叩き付けられてました。BMXは前輪がグチャグチャで握りがありえないくらい曲がってました。ロードバイクはタイヤが逸れて転がって赴きフレームもあり得ないくらいねじ曲がってました。お笑いかと思いました。20金の父親の色眼鏡は割れ頬から血液が出てました。ロードバイクの親仁のやつは「肩がきつい!」と呻いていました。「わし、緊急自動車と警察官呼んでやり遂げる。」と携帯でテレフォンしました。あたしは倒れた二人の元へ行きました。ロードバイクの男性が「よそ見して前方見てないからこうなるんだよ!」と痛苦に堪えながら怒ってました。BMXの父親も「あんたも瞬間停止しないででてきただろう!」と膝の痛苦に堪えながら起き上ろうとしてましたが何やら立ち上がれませんでした。これから警察官と緊急自動車が来ました。ミッシリ外に出て洗車をしていた初々しい男性が一部始終見ていて警察官のやつに条件を説明してました。後から聞きましたがBMXの男性が完全によそ見をして前のロードバイクの男性に突っ込んで行ったそうです。因みにロードバイクの男性は瞬間凍結をしてたとの点でした。悶絶して倒れていらっしゃる二人にデカが条件を聴いて2卓きた緊急自動車に運ばれていきました。あたしはH社主と近所のやつと散らばった自転車の残骸をリタイアなどで片づけました。H社主の団体にやむを得ず捨て置くと決まったので壊れた自転車を見て更にこれは乗れないだろうと思いました。衝撃での負傷は自転車だけでなく自動車にも呼べる場所。気を付けなければいけないと思いました。H社主の団体から立ち去るのと昼前の業が処理や条件聴取で私も声明を聞かれたので結果社内に帰ってきたのは14機会でした。昼食を食べ損ねてしまいました。それから至急帰りました。きのうはそんなイベントがありました。